事業案内

トップページ > 事業案内トップ > 耐熱バーコードラベル

耐熱バーコードラベル

高温下での生産工程を一貫して管理出来る「耐熱バーコードラベル」を販売しています。

バーコード管理に代表される個体管理は、製造・品質・商品管理に欠かせないものとなっています。
弊社は、1,000℃までの熱処理を有する製造工程でもバーコード管理が行えるソリューションを提案いたします。
高温下でも使えるバーコードは品質・安全・効率の面で非常に有効な手段です。

耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」の特徴

高温工程での個体管理は難しいと諦めていたお客様に、新しいトレーサビリティーの手法を提案します。熱転写プリンターを使用した現場発行可能なヒートプルーフラベルで、異材混入とヒューマンエラーを撲滅できます。


高温貼付けタイプ

鋳造後の高温の鉄鋼やアルミ製品に直接貼り付け個体管理する耐熱ラベルです。
冷却を待たずに個体管理が可能になるので、異材混入の心配がなくなります。
800℃程度までのものに貼り付けが可能です。


常温貼付けタイプ

さまざまな熱処理工程に利用される常温貼り付けタイプのヒートプルーフラベルです。
金属製品の加熱やホモジナイズなどの熱処理時の個体管理や金属部品の熱処理時のキャリアーや台車などの管理、セラミックや電子部品などの加熱工程にご使用できます。


高温タグタイプ

1000℃の耐熱性を有するヒートプルーフタグです。
熱転写プリンターで印字できますので、打刻された金属タグなどに比べ瞬時に現場で必要な情報を発行することが出来ます。


貼付機(ラベラー)

ヒートプルーフ耐熱ラベルシステムの運用で、より安全により正確に運用頂くために、自動アプリケーターをお客様のラインと用途に合わせて打ち合わせを行い提案します。


お問合せ・資料請求

このページの上部へ